とらすと通信

とらすと通信2023年5月号「進化心理学をもとに性差について考える(1)」

以前の通信にも書きましたが、現代は性差というものついてのイメージ(ジェンダー)が混乱している時代です。思春期は性的アイデンティティを確立することが非常に重要な時期ですが、その課題達成に困難を伴うようになっています。そこで今回から進化心理学の……
詳細はこちら

とらすと通信2023年3月号「ポジティブ行動支援(6)PBSと”叱る”」

スクールワイドPBS(ポジティブ行動支援)に取り組む際の筆者が考える注意点の2番目は「叱る(注意する)」という教育手法との整合性です。とらすと通信2023年3月号「ポジティブ行動支援(6)PBSと“叱る”」ポジティブ行動支援(PBS)は「子……
詳細はこちら

とらすと通信2023年2月号「ポジティブ行動支援(5)PBSとストローク

スクールワイドPBS(ポジティブ行動支援)に取り組む際、注意すべき点もいくつかあると思います。ここから筆者なりに考えた注意点をとりあげたいと思います。今回は「ストローク」についてです。とらすと通信2023年2月号「ポジティブ行動支援(5)P……
詳細はこちら

とらすと通信2022年12月号「ポジティブ行動支援(4)スクールワイドPBS」

前回までは、特定の子ども「個人」を対象にしたPBS(ポジティブ行動支援)の取り組みについて説明してきました。今回から「クラス全体」や「学校全体」を対象にしたPBSについて書きます。とらすと通信2022年12月号「ポジティブ行動支援(4)スク……
詳細はこちら

とらすと通信2022年7月号「子どもの自己資源(6)ー家族の資源バランス回復」

前回は、甘えが満足されていない子どもへのアプロ―チとして母子の交流強化を提案する際、家族の資源バランスがとれているかアセスメントする必要があるということを書きました。今回は資源バランスがとれていない場合の提案のしかたについて考察したいと思い……
詳細はこちら